カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ
RSS

Saint Archer セイントアーチャー / ブラックベリーゴーゼ

秋冬の季節限定リリースはGoseにブラックベリーを投入した“Blackberry Gose”。ブラックベリーのフルーティーさと酸味がGoseの持つ酸味・塩気と交じり合い、爽やかなビールが誕生した。元々は16世紀にドイツのゴスラーにて誕生したビアスタイル「Gose(「ゴーザ」あるいは「ゴーゼ」)」は塩、ウィートモルト、コリアンダーとホップを使用し、煮沸前に乳酸菌で発酵させ(注)、煮沸後さらに通常発酵をさせて作られる、心地よい酸味と塩気を特徴とするサワーセッションビール。18世紀にはライプツィヒにて人気を博し、第二次大戦後には一度絶滅しかけるも、復刻。現在ではアメリカの醸造家によって見直され、2013年あたりからいくつかのブリュワリーが醸造し始めている最近流行のスタイル。
ブリュワリーにあるサワービール専用のタンクで、ウォート(麦汁)を4〜5日間乳酸菌発酵させる。そのウォートを煮沸後に、ブリュワリー自家製のジャーマン酵母を使って発酵。この発酵段階ですりつぶしたコリアンダー、ピンクヒマラヤソルト、そしてブラックベリーのピューレを投入。こうして出来上がるのが非常にリフレッシングで爽やかな酸味に満ちたビールだ。
グラスに注ぐとピンクがかったオレンジゴールド色。アロマはブラックベリーが前面に主張し、奥の方にレモンやウィートモルトのニュアンスも感じ取れる。口に含むとブラックベリーのフルーツ感と乳酸菌由来の爽やかな酸味が口中を洗い流してくれる。ヒマラヤ岩塩の塩気と旨味も味わえ、強烈ではないがソフトでバランスの良い仕上がり。

注) 野生酵母を用いずにサワーリングを行う手法である「ケトルサワー」として知られ、野生酵母に比べ短時間でのサワーリングが可能。サワーリングのタイミングにより乳酸菌をビールに残すことも殺菌することも可能で、煮沸後に発酵を開始すれば乳酸菌が生きたままビールに残ることとなる。一方、乳酸菌での発酵後に煮沸を行う場合は同時に殺菌が行われる為、汚染の心配が無いという特徴がある

Saint Archer セイントアーチャー / ブラックベリーゴーゼ

メーカー:Saint Archer
JANコード: 856503004690
価格:

741円 (税抜 686円、税 55円)

[ポイント還元 7ポイント〜]
購入数:
返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる
この商品のURLを携帯に送る
携帯ページ

■ 商品仕様

製品名ビール
JANコード 856503004690
メーカーSaint Archer

ページトップへ